2017.3.8
  • みちゃこん
  • みちゃこん

江古田の「パンさんぽ」でオリジナルサンドウィッチづくり!

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

江古田ってご存知ですか?東京都練馬区、西武池袋線沿いにあり、日芸や武蔵野音大など大学が多く学生街として知られています。そんな江古田、実はパン屋さんが多く「パンのまち」でもあるんです。この度、江古田でパンのイベント「パンさんぽ」をやるというのを聞きつけ行ってきました。

「えこだパンさんぽ」とは

好きなパン屋さんのパンに自分好みの具材をサンドして食べよう!というイベントです。

①イベントに参加しているパン屋さんで、サンドウィッチのメインとなるパンを購入
②パンにはさむ具材を、参加店舗である飲食店から購入
③パンに具材をはさんで食べ歩き♪

「えこだパンさんぽ」に参加しよう!

江古田駅前のメイン会場で、パンさんぽのパンフレットをゲット!
気になるパン屋さんへレッツゴー!

筆者は約十数年前、江古田に住んでいたことがあるですが、江古田在住時からよく通っていた「パーラー江古田」にてパンを購入。ハード系のパンが中心に揃うお店です。



こちらのパンはどれも美味しい。10年前はすごく狭いお店だったのに店舗を移転して少し拡大したり、小竹向原(有楽町線沿い)で姉妹店「まちのパーラー」も開店。たまに雑誌にも紹介されたりしているので、江古田住民だけではなく結構有名店になりつつあるのかもしれません。話がそれますが「まちのパーラー」はドラマ「孤独のグルメ」にも登場してました!

さてさて、パンフレットをみつつ、パンにはさむ具材にはパテを入れたい!ということでパテをゲットしに次のお店までおさんぽ♪
昔ながらの佇まい、フランス料理店「シェ・キリー」に到着。

お店の方に先ほどパン屋さんで購入したパンを渡し、パンをカット&具材を入れてもらい完成!


美味しそう・・・
歩きながら食べてもよし、お店で包んでもらってお持ち帰りもよし。筆者は他のパン屋もまわりたかったので包んでもらってお持ち帰り。

こんな感じで、パンフレットに掲載されているパン屋さんや飲食店から自分好みのパンや具材を購入して江古田の街めぐりをします。もちろん、サンドウィッチ用のパンだけではなく店舗でいつも販売されているパンも購入できます。

 

パン以外のお楽しみ

メイン会場である駅前の広場ででは、ライブ演奏が行われていたり、江古田の各会場ではワークショップや展覧会なども開催され街全体で「江古田パンさんぽ」を盛り上げています。

ちなみに筆者はワークショップでベーコンエピ風のブローチを作りました。

地図上の端から端まで歩いてもそう遠くはないので、お買い物したりワークショップに参加したりしながら子どもも大人も2~3時間でちょうどよく楽しめるおさんぽイベントです。
2016年度から開始され今年で二回目とのこと、是非来年も開催されて欲しいですね!

編集後記

今回のイベントは2017年2/25~3/5までの9日間で開催されておりました。イベント初日の2/25に参加したところ、夕方だったということもあり、パン屋2件まわって2件とも全商品売り切れという事態!

3件目のパン屋さんでようやくパンにありつけたのですが、リベンジ!ということで翌3/4の朝イチに江古田に乗り込みようやくお目当てのパンがゲットできたのでした!
次回いかれる際は、お早目の参加をおすすめします!

※関連記事

日本初のマドレーヌ専門店「マドレーヌラパン」がすごい!

二子玉川ストリートマーケット【ふたこ座】に行ってきた!

エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly