2016.9.8
  • つみき
  • つみき

ハリネズミカフェにいってみた♪

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットが飼いたいなぁ…と思って動物の写真を検索していた時の事です。
意外な子達がペットとして飼われている事を発見しました。しかもその子たちと触れ合えるカフェまであるというではありませんか。

まだ彼らを扱ったお店は多くない様子。興味津々で行って参りました!

気になる動物カフェの名前は…

HARRY」ハリー…そう、つまりハリネズミカフェです。餌を食べるハリネズミ

東京メトロ日比谷線又は都営地下鉄大江戸線の六本木駅から徒歩1分、土日祝日は混み合う為予約必須との事で、(最初予定した日はいっぱいで断られてしまいながら)予めお電話をしてお邪魔しました。

入口にはうさぎがいました。

入口にはうさぎ。元々うさぎカフェが1Fにあります。

店内はシンプルな感じ。飲み物はセルフサービス。
逆に食べ物、飲み物の持ち込みはOKとの事でした。私は正直、触れ合う方に全力で飲み物どころではなく、気づいたのは制限時間がすぎようとする頃。

すっかりチェックは忘れておりました…が、ウォーターサーバーやティーバッグなどが用意されていたような?

お店に着いたら気になるハリネズミを選びます。

寝てる子、ごはんを食べている子、顔を見るとみんな表情が違う!とても表情豊かなので見ているだけで飽きません。
針が寝ている子は気持ちが落ち着いて安心しているそうなので、触れるのにおすすめだとか。

針が立っている子は気が立っている、警戒している時だそうで、無理にスキンシップをとるのは可哀想ですね。

1匹選んでケージから出してもらうと、後は仲良くなっていくのみ!
…なんですがどうも筆者は「おいしいにおい(店員さん談)」がするらしく、1匹目の子にはもぐもぐと何度も甘噛まれてしまいました。

まだ小さい子たちなので怪我するような事にはなりませんでしたが、残念ながら抱っこは玉砕、店員さんにご相談すると快くパートナーを交換してくれました。どんなにおいだったのかは未だに謎です。ハリネズミ達のごはんは専用のフードとかミルワームとか?昆虫のにおいはいやですね!

席には消毒用アルコールも置かれていて、よく消毒もしたんですが消えていなかったんでしょうか。

元気いっぱいのハリネズミ

よろしくお願いします!

お相手を改めてトライ。
今度の子はそれはもう元気元気!小さな手足で触れた先から手の中を脱走していきます!
触り方の基本は店員の方に教えてもらうことができますが、相手はいきもの。中々上手にできなくて、でもそういう風に慌てるのも楽しいものです。

眠るハリネズミ

ぐう…Zz

最後の方は満足したのか、手の中で眠ってしまいました。

覗き込んでも全く起きず、寧ろ「邪魔するなよ~」とでも言われていそうな半目。

何とも味のある顔をしています。「HARRY」さんは触れ合いのカフェでありつつ、出会いの場所でもあります。気に入った子に出会ったらお持ち帰りしてしまう事も可能だそうですよ。

ハリネズミの針ってどんな感じなの?

正直にいってしまうと、私はちょっと痛かったです。例えると沢山のつまようじ。触り方によっては痛くないけれど、ちょっと気を抜くと痛みがあってびくっとします。

これは恐る恐る触っていたからかも。店員の方々はそれは見事なハリネズミキラーっぷりで痛みを感じているようには全然見えません。

ちくちく感はあるけど、お店にいるのはまだまだ小さなハリネズミだからか、怪我として残るような物はありませんでした。

予約時間は30分で足りる?

予約は30分単位。筆者は念のため、1時間で取りました。
実際、前述のおいしいにおい事件もあり、30分だとやや物足りなかっただろうと思います。

逆に1時間だとたっぷり触れ合えますが、ハリネズミ達が遊び疲れて眠ってしまうかもしれません。

予約の電話では、最初から1時間を想定されていたように感じました。

表情豊かなハリネズミ

寝てしまっても可愛いので個人的には1時間をお勧めします。

話のネタにしても珍しいと言ってもらえるし、表情が豊かでとっても癒される、二度おいしいハリネズミカフェ。

これはまたお邪魔することになりそうです。

店名 ハリネズミカフェ「HARRY」
住所 東京都港区六本木6-7-2 IWAHORIビル2F
電話 03-3404-8100
営業時間 12時~21時(受付は19時半終了)
利用料金 平日30分1,000円 土日祝日30分1,300円
GWや夏休み、冬休みなどの長期休暇は平日も土日祝料金。
エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly