2013.5.5
  • あめ
  • あめ

イベントレポート:アースデイ東京2013

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年4月20日(土)・21日(日)と開催された
「アースデイ東京2013 今動く!~子どものために、未来のために~」
というイベントに行ってきた。
アースデイ東京2013:アースデイ東京

「アースデイ」とは、地球環境について考える日として提案された記念日で、4月22日のアースデイが広く知られている。
この記念日の日本最大級のフェスティバルが「アースデイ東京」だ。
私自身、数年前から参加しているが、毎年規模も来場者数も増えてきていて
徐々に認知されるようになってきたように感じている。

アースデイについて 詳しくはこちら

「地球環境について考える日」と聞くと堅苦しくて、難しい、自分ひとりでどうにかできる問題ではないと思いがちだが「アースデイ東京」では楽しみながら、その問題を身近に感じることができるフェスティバルだ。

例えば、オーガニックのビールを飲み、鹿肉のソーセージをほおばりながら。

アースディで提供されるものの多くが産地を明確にしていたりどのように作られたかという説明がきちんとされているので口にするもの・手にするものがどういう経緯で私たちの手元にやってきたか、ということがわかる。
アースデイ東京2013:野菜

「オーガニックビールを飲みながら豊饒な大地からの恵みを感じ、鹿肉を食べながら農業の鹿害について、はたまた生態系破壊にまで思いを馳せてみたり」(!!)
とまではいかないまでも、そういうことを少しだけ感じられたらそれはもう地球のことを考えていることになるのではないかと思う。
アースデイ東京2013:会場内

ちょっと話が横にそれたが、フェスティバルではアースディ実行委員長である
C.W.ニコル氏によるトークセッション、着なくなった服を交換しあえるブース、環境問題クイズラリーや福島の子どもたちに環境イベントを楽しんでもらうバスツアーなど様々な企画が催されていた。
アースデイ東京2013:イベント

また各企業やNPOのブースでは石鹸づくり、手作りコスメ、みつろうキャンドルづくり、サンゴのスタンプでオリジナルハンカチ作りなどこどもから大人まで楽しめるワークショップが盛りだくさんであった。
飲食スペースではこだわり素材の野菜や肉をつかったフードやドリンクがずらり!
アースデイ東京2013:ワークショップ

お堅い話はともかく、おいしいもの好き・物づくり好き・アウトドア好きな方は楽しいので来年、参加してみてはいかがだろうか。
「アースデイ東京」は毎年4/22前後の日程で東京 渋谷区 代々木公園で開催されている。

エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly