2015.6.26
  • ONON
  • ONON

実家の相続についての心構えがわかる本を読んだ

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢が大台へ向けてカウントダウン中のONONです。

今回は最近読んでためになった本をご紹介します。

やってはいけない「実家」の相続 (青春新書インテリジェンス) 新書 天野 隆 (著)

本の紹介の前に突然ですが、あなたはコンビニでレシートを「受け取る派」

ですか「受け取らない派」ですか?

ONONは「受け取る派」です。

何故このような質問をするかというと、今回の本はセブンネットで購入して、
セブンイレブンの店頭受け取りにしたのですが、購入の際にレシートの下部に
あった「クーポン」を利用して100円引きで購入できました。

新書本を100円引きで購入できたらかなりお得ですよね。

次回からはコンビニでレシートを受け取り、クーポンの有無を確認されてから
捨てることをおすすめします。

前置きが長くなりましたが、本の紹介にうつりましょう。

題名が「やってはいけない「実家」の相続」となってますが、「実家を相続」しては
ならないという内容ではありません。

むしろ実家を相続する人の日頃からの心構えが書いてあります。

本書は、これから実家を相続される人で「一次相続」「二次相続」という言葉を
聞いたことがない人には是非おすすめします。

実はONONも「一次相続」をすませているのですが、この言葉自体は本書を
読んではじめて知りました。

言葉の意味を知りたい方は、ネットで調べてみてください。

あと本書には「ひとり帰省」のすすめがでてきますが、これは個人的にも
おすすめです。
「ひとり帰省」とは文字通り自分一人で実家に帰ることです。
本書を読まれて次のお休みに「ひとり帰省」されてはいかがでしょうか。

ONONは本書を読んで将来訪れる「二次相続」について気が楽になりました。

税制改正(改悪?)で、2人に1人が相続対象者になるといわれています。

ですが、本書を読んでおけば少なくとも気持ちの面で相続に対して楽に
なるかと思います。いかがでしょうか。

それでは、また。

エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly