2015.12.24
  • すけ
  • すけ

浅草 歳の市に行ってきました!

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京浅草で毎年開かれている、浅草寺歳の市に行ってきました。

浅草寺の歳の市は、毎年開催されていて期間は毎年12月17日~19日に行われます。
開催時間午前9時から午後10時まで(最終日は午後9時まで)です。

歳の市浅草浅草寺境内五重塔前で開かれている浅草年の瀬風物詩です。

歳の市では境内に数十件の羽子板の露店がならび羽子板を販売します。
羽子板は魔除けになるなどの縁起があり、正月の縁起物として歳の市で販売されます。
羽子板の絵は歌舞伎や、話題のタレントなどを題材にした羽子板が並びます。

今回は最終日の19日(土)に行ってきました。

午後4時に浅草寺雷門に到着、最終日ということもありすごい人出でした。
歳の市の看板が出ていました。
浅草寺1

普段の人出に加え、歳の市へ向かう人が増えているので仲見世通りもすごい人でした。
浅草寺2

五重の塔前に到着しました。
五重の塔前には羽子板の露店が並び、人だかりができていました。
露店では豆電球に羽子板が段々上に並べられていました、雰囲気がとってもよかったです。
クリスマスを一足飛びに正月の初もうでに来てる気分になりました。

浅草寺4

羽子板の露店では歌舞伎の絵柄以外にも、今年活躍したタレントやスポーツ選手の羽子板もありました。
今年人気のあった、妖怪ものや巨人もののアニメのキャラクター羽子板もありました。
浅草寺5

羽子板は大きさによって大体の値段が決まっていて、安いものでは約1,000円から、
ボリュームゾーンは約10,000円~30,000円位でした。
今回は800円の羽子板を購入しました。
浅草寺6

露店のあちこちで羽子板職人との掛け合いがあって、聞いていて楽しかったです。
羽子板を購入すると、縁起の良い3本締めを行ってくれます。
お客を巻き込んでの3本締めで、楽しく参加してきました♪
浅草寺7

浅草の浅草寺歳の市は、羽子板の露店が並び、見ながら楽しめる羽子板市でした。
羽子板も購入しやすい価格帯であり、購入した時の縁起の良い3本締めは嬉しいサービスです。
来年も年の瀬には浅草歳の市へ行こうと思いました♪

エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly