2015.5.7
  • みちゃこん
  • みちゃこん

行列必至?タダでこんにゃく料理が食べ放題の「こんにゃくパーク」に行ってきた!

この記事を送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにゃくパーク GWの行列待ち時間は?

タダでこんにゃく料理が食べ放題という噂を聞きつけ、群馬県まで行ってきました!

こんにゃくパークはこんにゃくの製造販売会社、株式会社ヨコオデイリーフーズが運営する入場無料のこんにゃくエンターテイメントパーク!
パーク内ではこんにゃく製造工場の見学や、こんにゃく作り体験、そして無料バイキングなどこんにゃくをめいっぱい堪能することができます。


こんにゃくパーク

群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
営業時間:9:00~18:00(最終受付17:00)
入場料無料

立ち寄った日はGW真っ只中、駐車場には車がいっぱいでしたが、駐車場は広くとられているので並ぶことなくスムーズに駐車できました。
パークの建物内に入場すると入口の前まで「無料バイキング」に並ぶ長蛇の列が・・最後尾で60分待ちとのこと。
書いてある時間ほどは並ばないという勝手な経験則からとりあえず最後尾に並んでみることに。
待っていると、後ろにもどんどん列が伸びていきます。
結果、予想どおり約40分ほどでバイキングの先頭にたどりつきましたー!

多種多様なこんにゃく料理の数々!料理がなくなったら随時追加されていました。
屋台のようなところには「こんにゃくラーメン」や「味噌田楽」「玉こんにゃく」など屋台の1品的な料理が並んでいます。

20150508_konnyaku_(20) 20150508_konnyaku_(21)

これまでおでんや煮物としてしか食べたことがなかったこんにゃくが多種多様な料理に変貌を遂げこんにゃくの新たな魅力を新発見できました!
特におすすめは凍らせたこんにゃく「凍みこんにゃく」のから揚げ♪かめばかむほど美味しくてクセになりそうな食感でした。

「こんにゃくパーク」は2014年に世界遺産に登録された富岡製紙場からも車で約15分のところです。
世界遺産見学の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

無料で食べ放題!こんにゃく料理バイキング

手順に沿って、自分で好きなこんにゃく料理を好きなだけ盛っていきます。

20150508_konnyaku_(3) 20150508_konnyaku_(4)

 

こちらが、おすすめの「凍みこんにゃくの唐揚げ」。
凍結によりスポンジのようになった凍みこんにゃくは、だしがしみ込み、噛めばかむほど美味しい!
凍みこんにゃく自体は商品化されているので自宅でも簡単に唐揚げが作れそう♪
20150508_konnyaku_(9) 20150508_konnyaku_(10)

 

和食以外にもこんにゃくって使えるんだ!

20150508_konnyaku_(8) 20150508_konnyaku_(14)20150508_konnyaku_(18)

 

王道のこんにゃく煮物3兄弟♪まちがいなく美味しい。

20150508_konnyaku_(11)   20150508_konnyaku_(13)   20150508_konnyaku_(15)

 

こんにゃく麺でできたソース焼きそば。これもおいしかった!

20150508_konnyaku_(17) 20150508_konnyaku_(16)

 

変わり種お刺身こんにゃく~!
レバ刺し風はごま油とお塩でいただきます。臭みのまったくないレバ刺しという感じで美味。
大トロ風ははわさび醤油でいただきます。大トロ風はトロ感は正直まったく期待していなかったのですが、とろける舌触りはこんにゃくとは思えません!
まぐろとは言えないかもしれないけれど、好きです、このトロトロ感!

20150508_konnyaku_(24) 20150508_konnyaku_(23)

 

紹介した以外にも、味噌田楽やうどん風こんにゃく、ラーメン風こんにゃく(おすすめ!)、玉こんにゃくやデザートまでこんにゃくづくしを堪能しました♪
結構おなかいっぱいになるので、食事の時間を考慮していかれることをおすすめします。

20150508_konnyaku_(27) 20150508_konnyaku_(19)

 

 

 

 

 

エルネ探検隊メンバー紹介
  • rss
  • feedly